研修・活動報告

第63回全九州ろうあ者大会、第42回全九州手話通訳者研修会(佐賀)に行ってきました。

9月6日
         午前中の講演  講師は、
        鳥取県聴覚障害者協会
        事務局長 石橋大吾氏       
          手話を普及させ、言語条例成立を目指した、
          一方では、通訳者、講師不足など深刻な問題が起きて来たとのことです。
         
          条例が施行されれば、次々と活動も増え、通訳者やろう協会員の健康問題も
          視野に入れなければならないと思った。

Inbox_2
午後からの分科会
        女性研修会に参加しました。
125名(内ろう者、38名.もうろう者2名)の参加
      Inbox_3

講師の大杉 豊氏
      

とっても、魅力的な手話でした。歴史、想像力を鍛える、
          正義を貫く、祖って、言語法への取り組みについて話があった。


 二日目、ろうあ者大会とアトラクションです。
午後からのアトラクション
      高校生のダンス、
        まずは、「妖怪ウオッチ」の曲に合わせてみんなで体をほぐし、
      ダンスを披露してくれました。
Inbox_4
Inbox_5 シンポジウム   テーマ
      九州も、手話言語条例の普及をテーマにシンポジウムがありました。

引き継ぎ式
      来年は、宮崎❗️
      皆で、行きましょうね❗️


報告者F
             

       

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ