« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

あしたば発行のお知らせ

あしたばを発行しました。手話の会の倉庫に、例会ごとに名前を書いて置いています。各自お取りください。  広報部より

講演会のお知らせ

筑紫野市手話の会よりお誘いがありました。

「加齢による視覚障害について」~緑内障について~

日時 3月13日(火)

    開場19:00~ 開演19:15

会場 筑紫野市総合福祉センター(カミーリア) 

    2階 視聴覚室

講師 くわの眼科 篠原康之院長

初春の候、みなさん 最近体のあちこちで気になるところはありませんか?顔のシワ、シミ、張りのなさ、お腹のたるみ・・・加齢とともに衰えていく美貌とスタイル。なかでも 気になるのが「視力」。手話でおしゃべりするには、相手が見えること=視力が大切ですね。

そこで、今回は目の専門家の篠原先生から詳しくお話をうかがう機会をもうけました。ぜひご参加ください。 

     ~筑紫野市手話の会~企画部

ふれあい手話講座~第4講座~

2月14日(火)大崎集会所にて4回目(最終回)のふれあい手話講座が開かれました。参加者は13名。テーマは「趣味」で、O太(昌)氏のお話でした。内容は、自分の生い立ちから耳が聞こえなくなった理由、佐賀→長崎→福岡と各地を転々としたこと、就職、そして写真との出会い・・・。趣味の山登りは結婚後30年も続け、九州各地の山はほとんど登頂。木工も趣味の一つで木彫りのうさぎを作ったりして楽しんでいる、など。

参加者から、「今まで登った山で一番きれいだったところは?」の質問で、「宮崎のえびのの景色が一番きれいだった」ということでした。

001_2

004

休憩後は あいさつ、自己紹介をし、簡単な表現を考えてみました。暑いですね、寒いですね、テレビを見る、バレー・バスケ・テニス、プレゼントありがとう、食べすぎでお腹が痛い・・・など。習っていない単語もありましたが、みなさん一生懸命表していました。そして最後に、手話で表さなければいけないと思うのではなく、伝えたいという気持ちがあれば伝わるので、身振りや空書などいろいろ工夫してやってみてください!とまとめられ 講座が終了しました。 C.

手話の会総会のお知らせ

手話の会総会が4月8日(日)10:00~開催されます。みなさん ぜひぜひご参加ください。欠席の方は 例会にて委任状を配りますので、3月31日までに記入して 事務局まで提出お願いします。

お知らせ

◇耳の日集会

3月4日(日)10:00~ クローバープラザアリーナ

チケット:前売り2000円(当日2500円)

 ※前売りチケットは ろう協会長まで(2月20日締切)

◇広報セミナー

3月11日(日)10:00~15:00 クローバープラザ501研修室

「広報誌の作り方」について

◇第2回サークル学習会

3月24日(土)13:00~15:30 クローバープラザ 

参加費300円

出前例会・・・福岡市、筑豊

◇県登録通訳者研修会

3月31日(土)10:00~15:00

◇「寄りびと」上映会&被災地レポート

2月26日(日)エールピア久留米 視聴ホール

①午前10:00

②午後 1:00

前売り1000円(当日1200円)

中高生500円(当日700円)

小学生以下無料

《あらすじ》 隅田川の公園で目覚めたら、そばに得体の知れない男が座っていたことに困惑する川上勝。男は手話で中山と名乗る。通り魔によって殺され、自分は死者と気付く中山。中山は勝にあることを託す。中山の強い意志を受け継ぎ、行動する勝。勝はどこへ向かったのか?お互いの次元を超え、人の心の深層を見つめる人間ドラマ。

 ※詳しくは例会でおたずねください。

ふれあい手話講座~第3講座~

2月7日(火)19:00~大崎集会所にて3回目のふれあい手話講座が開かれました。参加者は11名、テーマは「ろうあ運動について」で、N野(正)氏のお話でした。内容は・・・運動を進めて手話が広がり、各地に手話サークルが誕生していったこと、ろうあ者が自らの手で手話通訳を育てるための運動をおこしていったこと、自動車運転免許獲得運動、自動車学校での苦労話、民法11条の改正、聴覚障害者標識とワイドミラー、以前はろう学校で手話が禁止されていたこと、今のろう学校では・・・などのお話がありました。

その後、自己紹介や簡単なあいさつ、家族の表し方などを練習し、3回目の講座を終えました。

※次回は2月14日(火)19:00~いよいよ最後の講座です。同じく大崎集会所大会議室にて開催予定です。テーマは「趣味について」で、O太(昌)氏によるお話です。みなさんぜひご参加ください C.001

ボラ連交流会

2月5日(日)午前中、あすてらす多目的ホールにてボラ連交流会が行われ、ペタンク競技を楽しみました。手話の会6名、ろう協4名が参加しました。(写真は閉会式の様子)

003

発想力が必要です

 昨日例会に行く前、「鬼は外!福は内!」ってうちの母上様がいきなり満面の笑みで豆(三角小袋に入ってるやつ)を猫吉に投げつけてきました。傍から見たら、「何やってんだこの人」って感じでしょう。そもそも……猫吉は鬼じゃない!!!!


 さて、昨日の例会ですが、土曜日例会に来た人はホワイトボード見た瞬間、「?」だったと思います。消さずに帰ったからね。

 ホワイトボードには、『CAD(キャド)computer aided design』と、書かれその横には『かんぴょう』その下に『眼病』さらにその下に『大気汚染』『待機電力』。かんぴょうの横に『うり科』『夕顔』

だったかな?(うろ覚え)いったい何の話なんだ!?って思いますよね。

答えはこうです。

まず、『CAD』。人の自己紹介で職業のことで出てきた建築関係の単語です。(これもうろ覚え)
 次に、『かんぴょう』『眼病』『うり科』『夕顔』。節分・恵方巻きの話になり、かんぴょうって何?って調べたらI藤さんがいきなり、「目の病気」って言いだして、皆「はっ?」っとなる。どうやら携帯で調べていたら、かんぴょうの隣の単語が『眼病』だったらしい。かんぴょうは『うり科・ユウガオ』の果実だそうな。
 最後に『大気汚染』『待機電力』。これは、某クロスワードの答え。大気汚染は、猫吉が間違えて発した言葉。

以上!昨日の例会内容でした。



 あっ、話は全く変わるんですが、猫吉この前の日曜日に友達と天草にイルカ見に行ってきました!野生のイルカ初めて見ましたよヽ(´▽`)/
 バスに揺られて三時間ちょっと。酔い止め忘れてたのでかなり不安だったんですが、大丈夫でした!!


1818034140_941_2 泳ぎが速くていいのが撮れなかった…。これが精一杯撮った一枚。動画も少し、ほんの数秒撮れたから載せようと思ったんだけど、載せ方わからん!!

機嫌がいい時は船と同じ方向に泳いでくれるらしいけど、今回は丁度お食事中で、イルカさんはそれどころではなかったようです。でも、とっても可愛かったです!船長さんとのおしゃべりが楽しかった(笑)かっこよかったよ船長さん!!

昼は海鮮BBQ食べて、ありあけタコ街道行って、シードナツって水族館行って帰りました。

また、イルカ見に、船長とおしゃべりしに行きたい!!

福通研県南学習会inあすてらす

1月29日(日)13:30~あすてらすにて福通研県南学習会が開かれました。30名ほどの参加があり、内容はY住氏による聞き取り学習でした。まず、8つの基本文法の説明があり、グループで短い文章の表現を考えたり、ビデオの表現を参考にしたりしながら置き換えの表現や同時性などを学びました。

次に聞き取り学習があり、手話の文法的な特徴を整理しながらグループで表現を考えました。誰が誰に言っているのか、状況をイメージしながら、体の向きや手話の方向を工夫するなど 基本的なところを再確認することができました。ホワイトボードでの図を用いた説明がとても分かりやすかったです。

001_2

003_2

学習会の後は、各地域から集まったみなさんとの交流会でした。 C.

 

ふれあい手話講座~第2講座~

1月31日(火)19:00~人権啓発センターにて 2回目のふれあい手話講座が開かれました。テーマは「災害」で、S原氏によるお話でした。

005

内容は・・・東日本大震災や阪神淡路大震災、新潟県中越沖地震、福岡沖地震などで聴覚障害者に情報が伝わらず困ったこと。原子力発電所の位置や放射能の範囲をパワーポイントを用いて分かりやすい説明があり、要望によりテレビ画面に手話通訳がついたことなどの話もありました。

続いて 目で聴くテレビの話、台風で筑後川が氾濫しそうになった時のこと、住宅火災報知機(わさび臭、フラッシュランプ付き)などの話がありました。

その他には、メール119を利用する時、近くに目印になる建物などがなくても電柱に番号が必ず付いているのでその番号をメールすると位置が確認できること。最近ではSOSカードが広まってきていること、小郡ではろうあ者に安心カード(「私は聴覚障害者です」の記載あり)やホイッスルが配られていることなど。

避難所で聴覚障害者には情報が伝わりにくく困ることがたくさんあり、補聴器のハウリングや、自然に出てしまう声や足音を「うるさい!」と言われ、避難所にいられなくなった方もいたという話もありました。

火災などの災害が起こった時、ろうあ者が困っていたら・・・「手話でなくても大丈夫!身振りで十分通じます!ダメと両手で表したり、手招きやOKサインなど、簡単なものでいいので伝えてください。」というS原さんの言葉(手話)に参加者も大きくうなずいていました。

災害時など、聴覚障害者に音声では情報が伝わらないので、広報車にも電光掲示板が付いたらいいな!という声もありました。

お話の後は、参加者がそれぞれ自己紹介をして、災害などで使われる手話単語の練習をし、2回目の手話講座が終了しました。

※次回は2月7日(火)19:00~大崎集会所2階大会議室です。みなさんご参加ください。 C.

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ